松嶋菜々子

先日松嶋菜々子さんがテレビに出ているのを見て思い出しました。「家政婦のミタ」って放送中から「続編も映画化もしない」と言っていましたよね。

あのお話っていうのは亜須田家の修復をしたミタが、今度は亜須田家のおかげでトラウマを乗り越えて笑顔を取り戻すっていう話で完結してる。
この話を続けるとしたらまったく別の設定でキャスティングで話を作るか、エピソード0にするか、あるいはミタがファーストシリーズで得たものを使って活躍する話しかないんだけどどれもあんまり魅力的じゃなさそうだよね。

続編作るんだったら笑うセールスマンみたいに一話完結方式で話を作るか、ミタのトラウマとか明らかにされた過去っていうのは実は亜須田家を修復するための作り話だったというオチでなければできないんだよね。

で、話は全く変わって・・・クレームを入れたくなると言えば・・・AKBの希望的リフレインのPVですよ。

あれ、全く話がみえないんですよね。いや、センターマイクを次々にリレーしていくっていうのはわかるんだよ。
最初、高橋みなみが鞄を持って走ってる→前田敦子にパス→松井珠理奈にパス→ぱるるにパス。
ここまではいい。
麻里子さま登場→ぱるるを導いて走る。→どこからか鞄を抱えてまゆゆ登場!→鞄が二つになる。→そこに現れるともちん、優子。その手にはそれぞれ鞄。→鞄を入れ替えて逃げる。・・・

このあたりからさっぱり意味が分かりませんねぇ。

そもそもなんでまゆゆは鞄をもってたんだろ?
そしてこの後ともちんと優子は所謂囮役になるんだけど本命から追手を引き離した時点で二人は鞄を奪われるんですね。
ちょっと待って。この二人の鞄が囮だとしたら、最初にたかみなが持ってたのとまゆゆが中盤で抱えていたかばんは偽物ってことになりませんか?
仮にともちん・優子が偽物をもって現れたとしたらあそこで投げてやる必要が全くなかったよね?

このPVすごい楽しいの。オールスターキャストだし、それぞれのキャラと逃げ方とかギミックがとってもマッチしてる。なんていうんだろ?身体能力とスリルととんちを使って逃げるあの感じは名作「ダイハード」を思わせるんだけど。

例えばあっちゃんがスーパーに逃げ込んで缶詰の棚を倒して足止めしたり商品が満載のショッピングカートを追手にぶつけるとか、珠理奈が身体能力とアクロバティックにかわしていくのとかぱるるがちょうど閉まる電車のドアに助けられるけど困ってたら麻里子さまに助けられるとか、優子が・・・とかありがちだけどよく練られてて面白いんだよね。それだけに辻褄が合わないのがとても残念で口惜しい感じがしますね。

もう一つクレームをつけるとしたらやっぱりクライマックスですね。
最後にこじはるからまゆゆに鞄がわたってどこからかさくらが現れて二人でステージに向かうんだけどこれがクソつまらんのですよ。
ぼくがやるとしたらこじはるが追いつめられて「(бвб)どうしよう。。。」とか言ってる時にふと外を通りかかるさくらに鞄を渡すんですよ。
で、さくらが「え?私?」って困ってるところにまゆゆが腕をつかんで「行こう!」ってなる。
でさくらが「うん!」みたいな展開のほうが燃えると思うんだけどね。
そうなると前半で戸惑ってるところを麻里子さまに腕をつかんで先導されるのはまゆゆにしたほうがよさそうだけどね。

と、PV見てない人にはなんのこっちゃわからんでしょうね。
そしてこれくらい語りたくなるうちはまだAKB熱は冷めそうにない・・・

恋愛論

モテる人には、モテる理由がある。

それは、そうだと思う。

やっぱり魅力があるんだと思う。

私もモテる人には興味がある。何が多くの異性を惹き付けてるのかな~って観察したくなる。笑

ただ、モテる人っていうのは、多くの異性が寄ってはくるけど、その内の誰かと付き合って、その恋愛でお互い幸せになれるか…

ってなると別なんだろうな。

あまりにモテる人は、真剣な恋愛は、なかなかしにくいんじゃないかと思う。

本当に好きな人が出来ても、信用してもらえなかったり、振り向いてもらいにくかったり、するんじゃないかと思う。

ただモテるだけで、いいなら、外見がいい人や、稀少価値のあるものを持ってる人(お金とか知名度とか、「モテる」っていう噂とか?)は、やっぱりモテるんじゃないかな?

分かりやすい魅力は、多くの異性を惹き付けますからね。

「モテる」の基準は、好かれる相手の数でしょ?

だけど…、
軽い気持ちで寄ってきた人は、去って行くのも早い。

結局、恋愛は一対一。

一人の人を大切にすることを知らない人は、本当に大切にはされないでしょう。

多くの人にモテなくていい、目の前の好きな人が喜んでくれたら…、

って人の方が、満足度の高い恋愛をしていそう。

人をちゃんと大切にできる人は、そんな派手にモテなくたって、そのうち、ちゃんと自分に合う人を見つけて、その人にも大切にされて、それなりに穏やかな幸せを手に入れられるものじゃないかな…ぴかぴか(新しい)

そしてそういう人は、どうしてもやっぱり魅力的なので、目立たないけど、気づかないところで、密かにモテてたりするんだよ、きっと…ぴかぴか(新しい)

ミーハーな子には受けなくても、見る目のある異性達の評価は、高かったりするんだよぴかぴか(新しい)

それで十分じゃないかなぁぴかぴか(新しい)

モテる人が嫌いなわけでは、全然ないけど、「とにかくモテたい、モテさえすれば、幸せになれるはず」って人には、魅力は感じない。笑

ホントは皆、モテたいわけじゃなくて、幸せな恋愛がしたいだけなんだろうけど…なかなか難しいね。恋愛の研究って、奥が深い。

二千万円

毎日とっても忙しい。

まだ読んでない本がいっぱいあるから
読書がとっても忙しいし

まだ観てない番組もいっぱいあるから
TVを観るのがとっても忙しい

雑誌だって毎週読まなきゃならないし
晴れた日はドライブだってしなきゃならない

その上
毎日少しはホームページを作らなきゃならない

てんてこ舞いとか
猫の手も借りたいとかを
広辞苑で調べてしまうくらい忙しい

こんなに忙しいのに
お金があまり貯まらないなんてどうかと思うけど

不動産とか投資信託とかをたっぷり買って
働かなくてもお金が貰えるようになるまで頑張るんだ

僕も
小説大賞の賞金が
簡単に貰えるくらいのコネが欲しいなぁ

おじいさん

ブックオフオンラインで本を4冊買った。

来年Googleエディションが始まったら
電子書籍がとっても便利になりそう

iPadやガラパゴスを買って
毎日毎晩寝るまで本を読むんだ

そして映画ザ・ワイルドのチャールズのような
博学でかっこいいおじいさんになるんだ

でも最近は

40を越えたホスト風色黒パフォーマーや
刺青だらけのキャンドルアーティストみたいな
いかがわしい男が流行っている

だから僕も

ヘンテコな髭を生やしてメガネをかけて
体中イタズラ書きをして耳に棒切れをつけて

いかがわしいおじいさんになるんだ

と思った
そんな日。

いいこと

野菜生活のCMが好き。

あの青年のように
工場で一生懸命働いていた時を思い出したよ

毎日毎日同じようなことをやらされる
なんのパーツを作っているか分からないような仕事が
本当に嫌いだったよ

でも朝からあんなハイテンションで
楽しく作ってくれたお弁当があったら
たとえああいう苦手なギャルが作ったお弁当でも
たとえあんまり美味しくなかっとしても
なんのパーツを作っているか分からないような仕事でも
頑張れるんだろうなぁ

浮気ばっかりしている知人だって
浮気ばっかりしている友人だって
あのクチャラーの友人だって結婚しているのだから
僕にだって優しい人妻のひとりくらい
いたっていいと思う

大好きなレバ刺しも食べられなくなってしまうし
せっかくエッチな夢を見たのにまったく内容を覚えていないし
まったくいい事がないじゃないか!

とっても損をした気分だったので
一日中頑張って
夢の内容を思い出そうとしていた

そんな平和な休日。

ノルウェイの森

ハンブルク空港に到着した飛行機の中で

ビートルズの『ノルウエェーの森』を耳にするところから始まる村上春樹の大ベストセラ

ー “ノルウェイの森”の映画盤をレンタルしてきました。

久しぶりにまた、読みたくなりました。

僕は“ノルウェイの森”を4回読んでいますが

その度にこの作品に対する感じ方は違っています。

“ノルウェイの森”の映画化の記事を読んで僕は再び、

文庫本を押入れから引っ張り出しました。

一番最初にこの作品を読んだのは僕がまだ高校生の頃、

ハードカバー本は高くて買えなかった僕は

学校の図書館の床にペタリと座り込んで読みました。

主人公のゆっくりと時間が経過するような大学生活と、

複数の女性とかかわってセックスする。

俺も大学生になってセックスしたい!

これがその頃の僕の印象です。

なんか、大学って楽しそうじゃない!って気持ちになってしまい、

僕はめちゃめちゃ大学に行きたくなりました。

それ以降は進路指導とか3者面談なんかでも、

「勉強したくないから就職します!」などと、

世の中をなめきっていたクソガキが手の平を返したように

「大学に行きます!大学であればどこでもいいです!」なんて言うようになって、

勉強することも苦痛に感じなくなりました。

人並みに受験勉強をこなし、なんとか大学に入学できたのですが、

僕が入学したのは工業大学で“ノルウェイの森”の主人公の大学生活のように時間は

ゆっくりとは流れてくれませんでした。

その頃は激流に飲み込まれたように感じで、

しかも生徒はほとんどが男、女とのかかわりが全然なく、

レポートと図面をネタにしてマスターベーション(オナニー)していました。

提出しなければならないレポートのほとんどはペン書き限定で

修正不可(ひと文字でも書き間違えると書きなおし)で、

誤字大王の僕には拷問、同じページの最後の方で繰り返し書き間違えをしてしまい、

12回連続で書き直したこともありました。

徹夜して描いた図面を肉が付着してほとんど首がないデブ教授に提出し、

「こんなのは図面じゃない!」と、顔を赤くしながら言われて。

僕の目の前で赤ペンを取りだし大きく×印を付けられました。

やれやれ、(村上春樹風です)僕は×印の付いてた図面を鞄に押し込んで

徹夜を続行することになりました。

卒業研究では24時間監視しながらデータを取り続ける実験を行い、

本当は交替で徹夜するはずだったのが、

バイクでこけてケガをした奴とタイミングを計ったように風邪を引いた奴のせいで、

72時間不眠で実験させられてしまいました。

“ノルウェイの森”を恨みました。

今回“ノルウェイの森”を読むのは7年振り、

前回読んだのは前の会社を辞めて3ヶ月間の長い夏休みをとった時のこと、

今回も上下巻の文庫本を押入れから引っ張り出して

折れ曲がってしまった表紙をゴミ箱へ捨てて読みました。

思いをよせる青年(主人公)の行動に切なさを感じながら、

僕は自分の学生時代を振り返える思いで読みました。

いや、待て!学生時代はレポートと図面描きばっかりで、

そんな経験していない!!

ワイフ

僕の嫁は・・・

僕は配偶者の事を家族以外の人に話すときに“嫁”と言っています。
僕の周りの20歳台、30歳台の既婚者の男はほぼ“嫁”派です。
ところが周りにいる50歳代の人は刑事コロンボのように“かみさん”と呼んでいたり、子供がいない夫婦なのに“かーちゃん”と呼んでいたり、自分の配偶者なのに“奥さん”と呼んでいたりと多様です。

僕は父親のことを家族内では“お父さん”と呼んでいましたが、家族以外の人に父親の話をするときには、“お”を付けることに違和感を感じたので“父さん”、お客さんや上司と話をすときは“さん”も取って “父(ちち)”と呼んでいます。
“親父(おやじ)”という呼び方は本人に対して一度も使うことなく“父さん”は世を去ってしまいましたし、 “親父”は家族以外の人にも数回しか使ったことがありません。
母親も同様で“おふくろ”なんて呼び方は、僕は森進一じゃないので出来ません。

大学時代のゼミの教授は、もう15年前のことですが60歳ちょっと前の教授で配偶者のことを“ワイフ”と呼んでいました。
僕たちゼミ生は“ワイフ”と聞いてダッチワイフしかイメージできなかったので、ゼミ室で教授がいないときに「ダッチワイフにエプロン付けて食卓テーブルの椅子に座らせて教授と向かい合ってメシ食ってるんじゃねぇのか!」と馬鹿笑いしながら話していた瞬間に教授がゼミ室に入ってきてヤベっ!
聞かれてたら卒業させてもらえないんじゃないかとハラハラしながらそれ以降は無言で卒業研究の実験をしました。

僕たち夫婦はお互いを名前で呼び合っていて、結婚する前は人に話をするときも名前で呼んでいました。

そして、僕のハニーは・・・

移動距離(滋賀県)

行って来ました。滋賀県(大阪から車で2時間ほどかかりました。その間、対象車を見落とさないかドキドキしながらでしたが、無事に仕事を終えて帰って来ました。

もちろん、予想通りの結果でした。

浮気相手との不倫小旅行ですね。秋の彦根城、延暦寺・・・少し木々も色付き始めていました。

出来れば、仕事でなくプライベートで行きたかった( ; ; )

とても素直な感想です。そして、もっとゆっくり観光地を見たかった。

恐らく、お二人には時間がないからだと思いますが、まぁ早いのなんのって。

観光地をダッシュ状態ですよ。本当に「行った」と言うだけ。

こんな小旅行は初めてです。駆け足で観光なんてもんじゃありません。ダッシュです( ̄◇ ̄;)

しかしそのおかげで、歴史的建造物を代表とするたくさんの観光地を廻れました。

ありがたいことです。きっと、ずっと車を運転されていた男性もかなりお疲れになったと思いますが、私もヘトヘトです。

せめて、彦根城くらいはゆっくり回りたかったですが、そうは言ってられません。秋の彦根城に行かせて頂けただけでありがたいです。
こんなに色々なところに行けるのも、この仕事の醍醐味ですね。

もちろん、辛いこともありますがこうして色んな観光地に行けるだけでも感謝です。
滋賀の草津で浮気調査

歯医者さん

今回は僕のドン引きネタを書きます。

そのネタは歯医者さんでの話で、

歯医者さんで治療してもらっている時間は僕にとって、

最上級な安らぎの時間で僕は口を開けたままマッタリしてしまいます。

いきつけの歯医者さんは自宅の近所で僕はこの歯医者さんで、

3ヶ月に一回は診察してもらっています。

この歯医者さんには40代後半の男の先生と

30歳代で高島礼子似の女性の先生がいて、

歯科衛生士は20代後半の綺麗な女性が数名そろっています。

男の先生がいなければ女だらけの歯医者さんなのに、

とても残念で二人の先生の名前は違うので

おそらく夫婦ではないと思うのですが、

あんたら、どんな関係よっ!といつも気になってしまいます。

僕にとって歯医者さんに行く一番の醍醐味は

なんと言っても口の中を女の人にいじられるってことで、

僕にとってはたまらなく嬉しいひとときで、

歯が削られる時の神経に鋭くひびく痛みが快感で、

よだれが出てしまいます。

ホント癒されます。

(そろそろ、引いてきたぁ!?)

ただ、現状に満足するばかりではいけません。

僕の行動範囲内にお洒落な歯医者さんが開院したときには、

必ず歯石を取ってもらう名目で偵察にいきます。

どんな先生なのか?歯科衛生士は?

今のところ僕の行きつけの歯医者さんを上回るレベルの歯医者さんは現れません。

今後も偵察は続きます。

開院したばかりの歯医者さんの多くは予約なしで訪ねても、

あまり待たされることなく診察してもらえるのですが、

1年くらい経ってから訪ねてみると

「次からは電話で予約してから来てください!」と冷たく言われるようになって、

なんとなくこの歯医者さんはオレが育てたんだぞ的な気持ちになります。

前回、歯医者さんに行ったのは奥歯の詰め物が取れたときの事で、

僕は3ヶ月に1回のペースで診察してもらっているので、

歯を削ってくれる事は滅多に無いのですが、

幸運にもこの日は削りましょう!って話になりました。

僕は口から心臓が飛び出しそうなくらいにドキドキしていました。

そして勇気を振り絞って高島礼子似の先生にお願いをしました。

「まっ 麻酔は使わないでください!」

http://willnetworkbujiness.com/

志村うしろ~!!!

先週、腹がよじれるほど笑いました。

会社の上司である所長と二人、車で移動中に話していた、

何の脈絡もないバカ話によるものです。

内容はお互いの奥さんの話で、特に話のオチが有るわけでも、

特殊なエピソードでもないのですが、何故かよじれてしまいました。

今までに笑いで腹がよじれたことは2回、

最初に腹がよじれたのは小学校に入学して間もなく

テレビで見た“8時だよ全員集合“です。

田舎学校の教室のセットでいかりや長介が先生役、

他のメンバーが生徒役のコント、

特に志村けんが演じるおバカな生徒が可笑しくて

志村がボケを披露するたびに、

出演者全員が大げさにずっこける姿に大爆笑して、

まさに腹がよじれました。

爆笑している状態で更に笑える事がおこると

笑いすぎて息ができなくなり横隔膜がオーバーヒート、

この状態が腹がよじれた状態なんだと認識しています。

笑いで2回よじれたおいらの腹ですが、

2回ともよじらせてくれたのは志村けんで、

田舎学校のコントの他に番組名は忘れましたが、

ボケかかった婆さんのキャラのコントでも腹がよじれました。

先週、腹をよじらせてくれた所長は50歳代で、

見た目はチョイ悪でもなければダンディーでもない、

ぶっちゃけ“変なおじさん”に近いのですが、

なぜか17歳年下の奥さんがいます。

しかも、スタイルは抜群で綺麗な女性なのです。

所長に負けたくないので、

おいらは高木ブーのようなおじさんを目指します。

http://ウィルネットワークについて.net